So-net無料ブログ作成

ゴッホ展 巡りゆく日本の夢 -京都国立近代美術館- [美術・芸術]

京都国立近代美術館からの平安神宮の大鳥居。
堂々としてて大きい。

平安神宮.jpg

それは、おいといて。
ゴッホ展を観てきた。

ゴッホ展 巡りゆく日本の夢01.jpg

フィンセント・ファン・ゴッホの最期が
自殺やったのには驚いた。

作品だけじゃなく、生い立ちが知れて、
それを知って作品を見ると、また印象が違ってくる。

ゴッホが日本の画家を愛し、その影響を受けていたのも、
作品を見てて伝わる。

「第1部 ファン・ゴッホのジャポニスム」では、
葛飾北斎の富嶽三十六景があった。
それを見れただけでも、かなり嬉しかった。

今回の音声ガイドは、常盤貴子。
女優としては素晴らしいと思うけど、
声だけでは、聴き惚れるって事はなかったな。

今回はグッズを購入してみた。
浮世絵の手ぬぐい。
めちゃくちゃ気に入った。

てぬぐい.jpg

ゴッホ展 巡りゆく日本の夢02.jpg


【ゴッホ展のサイト】
http://gogh-japan.jp/

nice!(28)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 28

コメント 2

yuko

生い立ちを知ることもできると良いですね。
一枚一枚の見方が変わってきたり、画家の思いを考えながら見ることができるし、ただ見るのとは違った感覚が生まれるので。


by yuko (2018-03-21 07:22) 

ぷち

yukoさん

はい、絵心がないので、観てるだけでは何も下りてこいないです。
でも、音声ガイドで詳細を聴いても、何も下りてこないですが。。。

by ぷち (2018-03-21 11:37) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る